地道な調整を続けた結果、チームみんなで味わう達成感は格別

大谷 杏美香

商品管理(物流担当)

2018年入社 / 正社員(新卒)

INTERVIEW

入社のきっかけ

身体を動かしてコツコツと達成感を得られる仕事を探していました

就職活動あたり、自己分析して「地道にコツコツ作業をしながら達成感を感じたい」「身体を動かすことが好き」というキーワードから商品管理という職種に興味を持ちました。もともとファッションにも興味があり、同じ商品管理でも自分の好きな業界で、という理由でSHIPSに入社を決めました。実際に現場に立って思ったことは予想以上に体力とコミュニケーション力も必要な仕事だということ。各作業の進捗状況は自分の目で見てチェックして確認するので倉庫内を一日中歩きまわることもありますが、そのおかげで自分の仕事が全体的に把握できますし、進捗状況も他スタッフとこまめに確認しあうのでコミュニケーションも多く、現場はチーム一体で達成感を味わえます。入社して改めて確かにこれは適職だと再認識しましたね。

商品管理の仕事とは

自社ECサイトを中心にネットショッピングの商品管理と配送を担当

一般的に商品管理と聞くと、工場やメーカーから納品された商品を各店舗に送ることがイメージされますが、私は各通販サイトの入荷から発送までの物流部門を担当しています。PC作業も多いのですが、私は仕事の流れを早く習得して仕事に活かしたいので、なるべく現場に立ち各作業の様子を自分の目で確認するようににしています。時には他スタッフと一緒に商品の梱包や発送作業に入り、進捗状況を確認しながら効率のよい作業工程を日々試案しています。今はこのピッキング作業の一日の目標数をクリアできるよう人員調整・コントロールすることが今の私に任されている役割です。

仕事をする上で大切なこと

自信を持って大きな声でハキハキ話すこと

納品の遅延がないように各作業チームの配置人数や進め方を都度判断しながらチームへ指示します。入社して難しいと思ったのは、スタッフとのコミュニケーションですね。倉庫では物流部門は雇用形態に関わらず、チームで動いて進めていく仕事なのでパートスタッフや学生アルバイトとのコミュニケーションはとても重要。元々人見知りな性格なので私がチームをコントロールできるだろうかと不安もありましたが、心がけたのは笑顔と大きな声で正確な指示を伝えていくこと。周りのスタッフはほとんど年上なので最初は接し方も戸惑いましたが、とにかく元気にハキハキと話しかけることですぐに打ち解けることができました。その結果、チーム全体で目標値をクリアした時はとても大きな喜びに変わります。仕事をするようになって自分も性格も変わってきた感じがします。

WORK STYLE

商品管理部門で働く1日の流れ

9:00

出勤
朝礼でその日の入荷予定や納品状況の確認、スタッフ配置の調整を行います

11:00

フロア巡回
積極的に各部門の作業現場を回り、スタッフへの声がけや商品梱包作業に入ります。
タイミングを見ながらPCへの入力作業やメールのチェック

12:00

昼休憩
食堂でお弁当を食べたり、近くのカフェでランチタイム

14:00

進捗会議
各部門の進捗状況を共有
必要な場合は人員配置を変更したり、スタッフへの作業指示を行います

18:00

終礼・退勤
今日一日の完了報告と明日の作業予定や連絡事項などを共有して退勤
本日もお疲れさまでした!

私たちと一緒に働きませんか?

PAGE TOP