SHIPSブランドの信頼性を守る責任感を肌で感じます

直野 紬

品質管理

2019年入社 / 正社員(中途)

INTERVIEW

入社のきっかけ

両親の影響と大学での経験から品質管理の道へ

元々両親が洋服に関わる仕事をしていたことで自然とこの業界に興味を持ちました。
加えて大学では染色を学ぶ機会があり、様々な繊維や素材について興味を持ったことから将来はアパレルの品質に携わる仕事をしたいと思うようになりました。専門的な職種なので私にそこまでできるかという不安から当初は品質管理というよりも商品開発などへの仕事に憧れていたのですが、入社した今はむしろ品質表示や繊維の知識を習得することが楽しくてどんどん突き詰めたい気持ちが芽生えてきました。きっと洋服の原点となる生地や素材から洋服に携われるという面白さに目覚めたんでしょうね。今では知らなかった知識が増えていくのがやりがいとモチベーションにもつながっています。

品質管理の仕事とは

SHIPSというブランドの信頼を最終ラインで守る役目

品質管理の役割は商品が品質基準を満たしているかどうか、品質表示の内容が正しいかどうかをチェックし、商品を安全に店頭へ送り出すことが大きなミッションとなります。 SHIPSの商品は国内から海外のものまで多岐に渡るので、表示内容がアイテムによって異なったり、製作された国ごとにルールや基準が違いますので、コンプライアンスに則り、安全で安心して手に取って頂ける商品をお客様の元へ届けるのが私達の使命です。時には判断を迷ったりプレッシャーを感じることもありますが、何よりも全てはお客様へ繋がっていることを意識しています。場合によってはお客様がSHIPSに抱いていた信頼やイメージを壊してしまうかもしれないので、会社の看板を背負っているという認識をもって日々業務にあたっています。

職場の雰囲気

相談しやすく頼りになる先輩、仲間が多い職場です

職場は商品管理部門やEコマース部門も一緒にいる物流倉庫なのでスタッフも幅広い年齢の方が働いています。私のように品質指示を担当するスタッフから入荷商品の外観検査担当、商品の修理・加工・お直し担当まで幅広い業務を担当しているので知識と経験豊富な先輩達が多くとても頼りになりますし、困ったことがあってもすぐに相談できる環境です。もちろん商品部や営業部門など部署を超えてコミュニケーションも取ることも頻繁にありますし、時には店舗スタッフから商品の取り扱いに関する相談に乗ることも。まだまだ勉強中ではありますが、自分の仕事がSHIPSの商品を良くも悪くも左右するということが一番のやりがいと同時に身を引き締めて毎日取り組んでいます。苦労することも多いですが、その分自分の自信にも変わっていくのでますます自己研鑽しながらスキルアップを目指していきたいと思っています。

WORK STYLE

品質管理業務の1日の流れ

9:30

出勤
朝礼後、メールチェックや担当ブランドの品質チェック進捗を部署内で共有します。

10:30

チェック業務
インポート商品の品質をチェック。
各国の品質表示を参考にしながら日本仕様の品質表示を選定します。

12:00

休憩
食堂でのランチタイム
他部署とのスタッフともコミュニケーションを取っています

15:00

打ち合わせ
商品部から品質確認の依頼
商品の取り扱い方や洗濯表示についての問い合わせに答えます

17:00

夕方休憩
お昼休憩と別に15分の休憩
リフレッシュしてラストスパートをかけます。

18:15

明日への準備
毎日前日にTODOリストを作ることで残業もなく、仕事がはかどります。

18:30

退勤
本日もお疲れさまでした!

私たちと一緒に働きませんか?

PAGE TOP