店舗全体の販売戦略に携わることで
接客で感じる充実感とはまた違ったやりがいを感じています。

新卒採用

STAFF齋藤 拓也

販売 メンズカジュアル担当 / 2015年入社

INTERVIEW

就職活動を重ねる中で嬉しかったのは面接官が自分を覚えていてくれたこと!

大学時代からアルバイト代をほとんど注ぎ込むほど洋服が好きだったので、将来はアパレル業界に就職しようと思っていました。たくさんの企業を受けましたが、入社の決め手はSHIPSの面接や採用担当の雰囲気がとても良かったこと。担当者からしてみれば、たくさんの就職活動生の中の一人にしかすぎないのに、私も含め学生一人一人に興味をもってくれて、親身になって話を聞いてくれたことがとても印象的でした。選考を重ねる度に出会うSHIPSのスタッフ一人一人がとても魅力的で、絶対にここで働きたい!と思うようになっていったのですが、そんな中、面接官の一人と街中で偶然出会ったんです!「あれ?面接受けてくれている齋藤くんだよね?」と自分の名前と顔を覚えてくれていたのが、びっくりしたのと同時にとても嬉しかったのを覚えています。これはもう運命だと思って入社を決めました(笑)

たくさんの店舗で経験する中で自分の提案力や接客力が磨かれました

最初に配属された店舗では20代中心のお客様層だったので、自分と年齢が近いこともあり接客もスムーズだったのですが、次に配属された店舗ではお客様層が一気に40~50代になったので、やはり異動したての頃は戸惑いがありましたね。ですが、その年代のお客様は既にご自身のスタイルやこだわりを持ってらっしゃる方が多いので、アプローチでの丁寧さはもちろん、違う視点からのコーディネートをお勧めしたりと、提案力を磨くようになりました。接客するときに心がけているのはファーストアプローチの反応で「このお客様はそっとしておいてほしいのかな、それとも積極的に話しかけてほしいのかな」というのをいかに見極めて接客できるか、ということには気を配るようにしています。話しかけない、いわゆる「静」のアプローチの場合は、適度な距離を保ちながら何かあればいつでも話しかけて頂けるように常に気配りをしながら行動するようにしています。

将来は自分がかっこいいと思えるものを提案してみたい

今年で入社4年目となりますが、今は大型店でメンズカジュアル部門の責任者を任されています。仕事内容は主に販売戦略を考えることが中心。例えば週末にこの一週間の売上データを抽出し、来週はどの商品を推していこうか、この商品は動向が弱いので販売方法を見直してみよう、などといったことをリーダーとなって行っています。さらに新商品もどんどん入荷してきますので、効果的な商品陳列やレイアウトなど、他のスタッフと話し合いながら売り場づくりも行っています。任された当時は不安ばかりで戸惑うことも多く、うまく売上につながらなかったりと落ち込む日々もありましたが、データを参考にしながらも最終的には自分の直感を信じて、試行錯誤を繰り返していくうちに徐々に自信と結果がついてきていることを実感しています。入社前から将来はバイヤーや商品企画など商品に携わることをやってみたいと思っていて、自分がかっこいいと思えるものをバイイングしたり、生み出していくことが夢ですね。そのためにはもっと現場でいろいろな経験を積む必要性を感じていて、今はそのステップとして販売戦略に関わる仕事を任されたことにとても感謝しています。

純粋なドキドキ感をモチベーションに。
とにかく居心地の良い職場で働くことができています。

SHIPSの魅力を一言で言うなら”人の良さ”です。入社する前、SHIPSのイメージは何となく固くて、働いているスタッフもクールなスタッフが多い印象でした(笑)。配属された店舗も大型店舗だったので「殺伐とした雰囲気だったらどうしよう」と不安でしたが、入社してみると周りのスタッフはいつも優しく、私のような新入社員でも温かく受け入れてくれました。特に示し合わさなくても忙しくなってきたら自然にフォローしあうような空気がどの店舗にもしっかりと作られていると思います。店舗が変わっても一度一緒に働いたスタッフとは休みの日もBBQをしたりと、店舗間の垣根を越えて交流がありますよ。
昨今、私達のような若い人材がファッション業界から離れていき、業界に魅力をもって飛び込んでくる方が少なくなってきているようですが、私も最初はただ単に洋服が好き、というだけの理由でこの職種を選びました。商品知識や仕事のやり方は入社してから身についていくものだと実感しているので、そこをあまり不安に思わないでほしいですね。もちろん、楽しいことだけではなく、私の場合は販売戦略を考えることに毎日悩んだり、「成果が出なかったらどうしよう」というプレッシャーもありますが、それが仕事をしていくということなのかなと最近思えるようになりました。単純に大好きな洋服に囲まれて、入荷してくる商品に毎日ワクワクしながら働いています。そんな純粋なドキドキ感をモチベーションに変えて楽しんで仕事をしていくことができる環境だと思います。

WORK STYLE

接客・販売だけではなく、売り場づくりやクリンネスも大切な仕事です

12:30

遅番出勤
早番スタッフとの業務引継ぎ
午前中の動向に応じて、売り場のレイアウトや商品の入替を行います

13:00

最初のピークタイム
お昼後のピークタイムになるので
スタッフ総出で店頭での接客に注力します
様子を見ながら午前中に入荷した商品を使って、SNS用の写真撮影、記事作成など

14:30

休憩
1時間のお昼休憩
従業員用の食堂でランチ

17:30

ピークタイム突入
一日の中で最も忙しい時間帯
お勤め帰りのお客様が一番多い時間帯なので
お客様のニーズに応え、売上データをもとにレイアウト変更など

19:00

休憩
夕方の30分休憩
残りの時間に備えてリフレッシュ!

21:00

閉店
什器を拭いたり、ショップ袋など備品を補充
スタッフ同士で協力して、レジ閉め作業や掃除を行います。
今日一日の売上確認や動向を振り返り、
他店舗からの在庫問い合わせやメール連絡があればその対応も

21:30

退勤
お疲れさまでした!

PAGE TOP