店長の業務内容は多岐に渡ります。
マネジメントや売上管理だけではなく、商品開発やフェア企画などあらゆる業務に携わっています。

中途・アルバイト

STAFF下村 恵祐

店長 / 2004年入社

INTERVIEW

自分が本当にやりたいと思うことのために、SHIPSというブランドを選びました。

SHIPSには2004年中途で入社しました。前職はミセスブランドの営業職として働いていたので、同じアパレル業界ではあったのですが、転職に際して考えたのは、やはり自分が好きなテイストや愛着が持てるブランドで働きたいと思ったから。取り扱うカテゴリやブランドに対する愛情という面では、やはり前職と比較するとSHIPSで働き始めてからの方が圧倒的に大きいですね。入社してからは主に商品に関する業務を担当させてもらい、メンズカテゴリの商品企画や各メーカーや商社の展示会などにも同行させてもらったりと様々な経験をさせてもらいました。

店長は本社各部署と現場、お客様を結ぶパイプ役のような存在

現在は大型ショッピングモールの中にある店舗の店長として勤務しています。店長というポジションはスタッフ管理や人材育成、商品在庫管理や売上に関する動向を把握し、店舗運営に関する全ての責任者として日々業務にあたっていますが、その他にも店舗でのフェアやイベント企画を提案など、新しく何かを生み出すためにアイデアや現場の意見、お客様の反応などを生の声として本社に伝える役割もあります。本社のバイヤーやイベント会社の方に現場の温度感や思いをきちんと伝えられるかどうかは、商品の売れ行きやお客様の来店動向などにも大きく左右することがあるので、責任やプレッシャーはありますが、その分やりがいも非常に大きいですね。
”店長”という役職がついていると、店舗の中でもあまり表に出ず、スタッフとは距離があるんじゃないか、と戸惑う方もいるかもしれませんが、私の考えとしては店長だからといって他のスタッフよりただ偉いというわけではないですし、私自身、一緒に働くスタッフとの関係性が一番大切だと思っているので距離感を感じさせないようなコミュニケーションは常に心がけています。また、店長といえども、あくまでも一販売スタッフ。もちろん私も店頭に立って接客しますが、同じ店舗で働くスタッフ達は私よりずっと多くのお客様の声ややりたいことの要望や意見などをたくさんもっていますので、定期的に意見交換できるような機会を設けています。そういった働くスタッフの視点からたくさんの意見やそれぞれの想いを気軽に話してもらえる環境づくりこそが私の店長としての使命であり、課題でもあるのかなと感じています。店舗に勤務するスタッフと私はチームメイトです。それぞれのポジションのプレイヤーがより綿密に、そして正確に情報共有して共通する目標へ向かっていく…そんな店舗を目標に日々業務にあたっています。

どんなスタッフにも訪れる、成長のチャンスを積極的に活かしてください

SHIPSではオリジナル商品だけでなく、海外の様々な国やたくさんのブランドからバイイングした商品をご提案していますので、ファッションや商品知識について知れるだけではなく、同時に多様な考え方やたくさんのアイデア、一人一人の意見や発信力を組み合わせて常に新しいものを提案し続けることができる風土があると思っています。ですので、一緒に働くスタッフには既存の固定概念に捉われることなく、常に新しいことに興味を持って成長していく意識を持っていてほしいですね。私自身も商品企画に携わっていた時に販売スタッフにも関わらず、海外出張に行かせて頂き、世界中のあらゆるファッションやトレンドについて学ぶ機会を与えてもらえました。新しい体験やアイデアに積極的に取り組んでいけば成長のチャンスもキャリアビジョンもどんどん広がっていくはずです。そしてもう一つ、「自分はどうなりたいのか?」ということをきちんと自分の言葉でアウトプットできることは大事だと思います。コミュニケーションがとても大切な職場ですので、自分の熱意や想いをきちんとプレゼンテーションできる力があるかどうかも重要視しています。

人と人とのつながりと、個人のスキルアップを両立できることができる環境です

SHIPSの強みは、様々な企業やブランドが混在するファッション業界の中で40年以上小売にこだわって続いてきた企業であること。性別や世代に関わらずファンになって頂けるお客様が多く、「SHIPSの商品であれば安心して購入できる」という嬉しいお言葉を頂きます。ですが、その信頼や評価は企業としてだけではなく、私達販売スタッフの接客にも求められていると思いますし、自分自身の接客スキルや商品に関する知識、ファッションについて情報などを積極的に学んでいく姿勢が大事だと痛感しています。SHIPSには商品知識や経験がとても豊富なスタッフがたくさんいますので、一緒に仕事をする仲間達からたくさんのことを吸収していくことができますし、自分を成長させるための環境が整っているのも魅力のひとつだと思います。企業としても人と人とのつながりを大切にしている社風。みんなそれぞれが洋服が好き、人が好きという共通した想いや、SHIPSをもっともっとたくさんの方に知って頂きたいという共通した目的をもっているので、そこが店舗の雰囲気やチームワークにも影響しているのかもしれませんね。

WORK STYLE

店長の業務は多岐に渡ります。業務のスケジュール管理や時間管理も大切な仕事です。

13:00

遅番出勤
午前中の動向や売上確認、スタッフからの業務報告を受ける
今日の入荷商品や在庫状況を確認し、担当スタッフとの情報共有

15:00

本社へ外出
店長会議のため、本社へ移動
店舗の状況や課題を報告し、イベントやフェアの計画などを本社各部署と打ち合わせ

18:00

ピークタイム
本社から戻ると忙しい時間帯に突入!
店長といえども、本業である接客に集中
楽しい会話を交えながら培ってきた商品知識でお客様へ自信を持ってご提案します

20:00

資料作成
店頭はスタッフに任せて、資料作成のため、デスクワークにシフトチェンジ
担当スタッフからのレポートをチェックしたり、今度行われるフェアの企画案を作成

22:00

閉店
スタッフ同士で協力して閉店作業
レジ閉めや掃除を行い、明日への準備を行います

22:30

退勤
お疲れさまでした!

PAGE TOP